~「天国からの手紙」シリーズを観る~

江原啓之スペシャル「天国からの手紙」(フジTV)を観ている最中…
はぁー…毎回の涙(/_;)…でもたくさんの気付きをもらう番組…
見終えたらまた感想を…



見終わりましたっ(+_+)目ぇ痛い***

還るべき場所への旅立ちを阻むほどに
残してゆく家族への愛情はかくも強いものなんだね・・・
たった4歳の子供であっても・・・。

江原さんが語った言葉はどれも胸を打つものであったけど、
「本当の意味での”供養”とは、
    残された者が 亡くなった方に心配をかけないような生き方をすること。」

これに尽きるのでは・・・。

「偲ぶ」を通り越え、思いが 亡くなった人への「執着」になってしまうと、
その思い(執着)が 今度は 
旅立たなければならない人にまで「この世への執着」を与えてしまう×
心配で心配で愛する家族を置いていけなくしてしまうのだ。

忘れる必要は無いし、覚えていればいいのね。
安心させてあげる事を前提に、だけど。

そうは言っても肉親が亡くなって悲しくないはずはないし、
私も父を亡くした時はがんこ泣いた・・・けど、
「もう苦しくないね、よかったね、お疲れ様!ありがとう(>_<)」と言ってあげられた。
父も穏やかな顔をしていたし、身体もずーっと柔らかかったから
「あ・執着無く旅立っていけたな~?」と勝手に思ったんだけど☆

でも 今の私を見ていると きっと心配かけちゃってるだろうなぁ***
とても とても「ゴメンなさーいっ!!!」ってな状態です(^^ゞ

父への恨みや反発心はず~っと前に氷解したのに(父母は昔々に離婚*)
何故かずっと一緒に居る母とは「本当の心の交流」が出来ない。

順番通りになれば、やはり 母が私よりも先に逝く日が来るのだろうか・・・
でも 今・もし こんなまんまで先立たれたら
(いや、例え 順番抜かしして私が先立つとしてもだよ*)
私の後悔たるや、想像するだけでも恐ろしい★(;O;)
”もっとあぁしてあげればよかった”、
”もっとこんな風に言ってあげればよかった”とかキリがなくなるんだろう。
容易にシュミレーション出来るのになぁ・・・
なーのーにー!!本人を前にすると やっぱり・・・うー(-_-;)
(イライラしたり・頭きたり・優しく出来なかったり・etc、うずまく思い盛り沢山×)

江原さん、こうも言っていたな・・・
「生きるとは時間の長さではなく、”どれだけの思いを込めたか”、なんです。」とも。

後悔しないように 
本当の心で母に「ありがとう」と言える私に、ちゃうな、思える私にだ、
いつかなれる日が来るんだろうか~・・・?(てか、目指せよ!だよなぁ・・・)

テレビっ子の私・泣きながら色々と我が身を振り返らせて頂きました*
(え~っと・・・で、実行出来るんかい?というツッコミはスルーさせてもらいますー"^_^")
[PR]

by cocoroske | 2006-08-08 20:29 | 家族 | Comments(4)

Commented by バナナ at 2006-08-09 18:14 x
こんにちは(^◇^)
そうやって気にしているだけでも
十分いいんじゃないかなって思います。(^_-)-☆
Commented by cocoroske at 2006-08-09 20:56
おぉ・・・バナナさん、
それって「チキンライス」ですね!?
ありがとう~(;O;)
Commented by rockin' at 2010-08-20 08:32 x
morning, cocoroske-sama.

>「本当の意味での”供養”とは、
>残された者が 亡くなった方に心配をかけないような生き方をすること。」
 そうです。
 私も心配をかけないようにしなくては!

>そうは言っても肉親が亡くなって悲しくないはずはないし…
 はい。
 よく分かります。

>”もっとあぁしてあげればよかった”、
>”もっとこんな風に言ってあげればよかった”…
 そう思いました。

>いつかなれる日が来るんだろうか~・・・?(てか、目指せよ!だよなぁ・・・)
 確実にきます。
 あ、もう来ているのかな。
Commented by cocoroske at 2010-08-21 00:59
★rockin'さま★
>私も心配をかけないようにしなくては!
rockin'さんは大丈夫でしょ!????
(・・・”他のおねぃちゃん”によそ見しなければ、だけど( ̄∇ ̄+) )

>あ、もう来ているのかな。
…私の記事をめっちゃ覚えていてくれてるrockin'さんなら知ってるでしょ!?
いまだに母に対してイラついちゃう私だってぇコトをっっっ!!(-"-;;)
…道は遠い~~~…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード