高熱Week中の出来事  ~母の涙~

昨夜もあんまり眠れなかったけど、電話で目覚めた(*_*)
約5日にも及んだ高熱の身体からは大量に汗が放出されてたはず★
起されついでにベッドパッドやシーツなどをひっぺがして洗濯だっ!!
雨が降りそうな、大丈夫なような、なんかアヤシイ天気だけど…

さて、ウチの母が入院中なのは何度か書いてますが、
さすがに今回・私が二度目に点滴をしている間に帰ってきました。



本当は、最初に倒れこんだ日曜の時点では知らせてなかったし、
救急で点滴受けた事さえ言うつもりは全く無かったのだ*

すぐに治まるだろうし、(←と何故か?思っていた×)
わざわざ来なくていいよな~、でも言ったら来ちゃうだろうし、言わんとこっ!
言ったって心配かけるだけ!

…という考えで。Oさん夫妻にも口止めして。
まさかあんなに長引くとは思ってなかったから~…×

が、愚かな楽観視が見事に外れ、翌日に再び点滴を受けている時には
母に連絡入れられていた☆(まぁ…なんせ9度9分だしね*)

ほとんど何にも食べられない状態だったので、来てもらったといっても
ゴハン作ってくれるというのを断るくらいでした。
でも、とにかく熱が上がる時にだぁ~!っと汗をかくので、大量の洗濯物が出てしまい、
動けない時に洗濯してもらえたのは本当に助かった!
スポーツドリンクの買出しもこまめに行ってくれたし。ありがたかったっす。

いつもはね、結構 言葉がキツイ人なんで、何十年と娘をやっていても
いちいち・グサグサと傷付いちゃうんです…ホントに実の親子なのに(-_-;)

けど、今回は何気に言葉も丸かったとゆーか、やわらかかったし、
初めて?くらいに驚いた瞬間がありました(*_*)

汗をかいた衣類を着替える時に身体を拭いてて、手が届くところは自分で拭いていたけど、
背中は母にお願いしようと「母さんお願い」ってタオルを持って行くと…
私の背中を拭きながら
「こんなに痩せて…ぺらっぺらやがいね!今は仕方ないけど、もっと食べんといかん!」
と言いながら。。。えー!?何!?泣いてる???何で???
間違いなく声が震えてる…鼻もぐしぐししてました…
私はかなり驚いたけど、背中を向けているので顔も見ずに
「いつもはちゃんと食べとるんやって。痩せとるのは上(半身)だけや!」
と言うだけ。何が起きてるんだ!?とプチパニック。
あとは拭いてもらった礼を言ってベッドに戻ったけれど、本当に驚いた***

心配してくれたんだろうけど、泣かれるほど私 痩せてないし!?
ってか、精神的に一番ドツボだった頃(一昨年~今年初め)の方が
ヤバイくらいギスギスだったけど???その時には気付かないで、何で今???
お腹とか太ももの見事なお肉見せてあげれば良かったかな!?
とか頭をぐるぐるしつつも、とにかく・思わぬ母の反応にびっくりしていた…

う~ん…きっと…不憫に映ったんだろうなぁ?私の姿が(@_@;)

決して丈夫でも無かったけど、病院に縁の薄かった私が、
大きい手術をしてからというもの、次々と病院と縁の切れない生活になっちゃって
社会復帰もしてなくて、メンタル面でもこけちゃって、旦那もいなくて…
「自分に何かあったらこの子どうなるんやろう…!」とか思われちゃってたかな???

うぅ~…そうなんだろうなぁ。痩せた(そう見えただけだってば!)背中拭きながら
切な~くなったんだろうなぁ(-_-)
ごめんよぉ★
早く社会復帰したいのは私が一番願うところなんですが…なかなか…。
結婚はねぇ、これは一人じゃ出来ないしな×しゃ~ない!(開き直ってる^^;)

その母も3泊居てくれて、病院に帰って行きました。
持って来た薬も無くなり、あまりにも痛そうだったから
「私はもう大丈夫だから!痛いのに長い事ありがと!」と言って戻ってもらった。

「病魔」という言葉があるけれど、ほんと、実感として
「魔に居座られている」という感覚だった。
「はよ出ていってよぉー!!」というか、闘ってる、みたいな。
入院生活も経験しているし、「心身の痛み」はもう充分経験し、その意味もわかっているつもりだったけど、だったら今回は何を経験させようと与えられたんだろ?と考えると…

あの母の涙を私に実感させるに必要な時間だったのかな…?
…って、ちょっと思いました。

子どもって、生まれてから3歳までの、一番かわいい姿を見せる事で
一生分の親孝行を済ませているんですよ、って何かで聞いた事があるけど、
それは、「親になったらそういう気持ちでいなさい」って事で、
”見返りを求めない愛””無償の愛”で子どもを愛しなさいという教えだと思う。)
まだ子ども側の私がそれを鵜呑みにしてはいけません(*_*)わかってます*
子ども側から思わなければいけない・本当の親孝行って、
「自立出来ている姿を見せてあげる事」だよね。。。
その意味では 私はピカイチの親不孝者に間違いないわけです×××(>_<)

今日も病院から「ちゃんと食べとるんか?もう少し太りなさいよ!」
と電話してくる母に心の中で「ごめんねぇ…(T_T)」と謝るばかりの私なのでした。
(でも母さん、太りなさい、だけは拒否りたいから~★

     今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。<(_ _)>
     みなさんが大切な人と温かく過ごせる明日でありますように…。
[PR]

by cocoroske | 2006-09-02 21:43 | 家族 | Comments(4)

Commented by withoutyou-7409 at 2006-09-03 05:02
読んでいて涙が出ちゃいました。。。私も親不孝な娘だなって思い、母親の顔が頭に浮かびました。私が鬱になって一番迷惑かけて、心配かけて、泣かせてしまったのも母だったので。。。
焦ってはダメだけど、少しは前進する気持ちを持って、これからの人生は両親を喜ばせて、笑顔にさせてあげたいなと思いました。
温かいお話を聞かせて頂いて本当に感動しています。
Commented by happy-smile-frog at 2006-09-03 17:23
早速登録しました。
ありがとやんす。
カエル
Commented by cocoroske at 2006-09-03 17:55
★withoutyouさま★
感動だなんて、過分なお言葉ありがとうございます(>_<)
さっき、Oさん夫妻が様子を見に来てくれたのだけど、
昼頃に病院の母にも電話してくれたそうで、
「電話で聞いたあんたの声が元気になっとった!って嬉しそうな声で言ってたよ~」と教えてくれました。
そんなことで喜んでくれるなんて・・・親にはかないませんね。。。

★カエルさま★
どういたまして!!(^_^)v
これで今まで以上に更新ばんばん出来ますね!?
Commented by rockin' at 2010-10-22 07:59 x
morning, cocoroske-sama.

>動けない時に洗濯してもらえたのは本当に助かった!
>スポーツドリンクの買出しもこまめに行ってくれたし。ありがたかったっす。
 そうですよね。
 それに側にお母様がしらっしゃる、これが大きな励みになり支えになります。

>間違いなく声が震えてる…鼻もぐしぐししてました…
 お母様はこころすけ様のことをそれはそれはもう言葉では表せないほど愛していらっしゃるんです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード