ドラマ

『「うつ」への復讐』始まりました。
ちょっと真剣に観たいと思います。
感想はまた後で…
 ↓
…で*観終わりました…

うーん…うーーーん…★(_"_ )



あえて正直~に書くと…
残念だった…かな。。。


確かに、支える家族の苦労や葛藤を描いていたし
”小さな喜びにも希望の光を見出して明日を信じる”
というメッセージは伝わって良かったのだな、と感じた。
でも…でもー…
私の見方が穿っているのかもしれないけれど…
「支えなきゃいけない家族はこんなにも大変なのよ!」
という点が前面に押し出されていて、
患者であるご本人の心の叫びや苦しみが
一番伝えて欲しかった”その部分”が…
”添え物”というか、”脇に追いやられている”と感じてしまった。

あのドラマでの主役は「支える家族」だった。
一箇所だけ、たったの一箇所だけ
「一番辛いのは本人なのだ」というセリフがあったけれど…。

もちろん、実際の高島家のみなさんは
ちゃんとご本人の心に寄り添って頑張られたのでしょう。
そぅ、私が「残念に思った」と感じたのはあくまでも ”ドラマでの描き方”なのだし。

う”ーん…

もしかすると、ちゃんと伝わらないと
返って・うつ患者が責められているように思われて…
私の思い過ごしに終わればいいんだけどな。。。
単なる危惧で終わってくれればいい。
(けど、一番怖いのは自分の母がまた誤解しそうでそれが。。。)

あ、素直に思えたのは、やっぱり「伴侶っていいな…」という事。
でも、それって”支えられる側”の視点かな*
(逆に言えば、苦労かけちゃうし…)

まぁ…
ぜーんぶひっくるめて言えるのは
『やっぱ愛ってすげぇよ!!』って事ですね!!!(>_<)
この一点だょ★うん。

何度も出てきたセリフに、
「私が忠夫さんを支えないと誰が支えるの!?」
というのがありましたが…
義務ではなく、愛情溢れる言葉でしたね。

「私が支えてあげたい」
心からそう思える伴侶と歩んで行ける、しあわせです。
結婚もしていないのにわかるのかって?
していないからわかるんですって!!( ̄- ̄)←断言。断固・断言。

「してもらう」より、「してあげたい」という感情、
絶対そっちのがしあわせでしょぅ???
そう思える相手と出会う…もぅ、奇蹟ですから☆(泣)

他の方って観てどんな受け止め方をされたのかなぁ?
きっとみんな違うだろうし、違って当たり前ですよね。

あくまでも”私の感想”だったのでありました。
お終い。<(_ _)>

ではでは…

  今日も最後までお付き合い頂いて本当に本当に感謝いたします。
         オ(・ェ・)ヤ(・ェ-)ス(-ェ・)ミ(-ェ-)。o○Zzz…
[PR]

by cocoroske | 2007-06-26 21:09 | テレビっ子 | Comments(8)

Commented by kokorohakokoniaru at 2007-06-27 00:07
こんばんは♪
今日は『やっぱ愛ってすげぇよ!』のとこで(爆)^^
なんで、そこで笑う?とおもったらごめんなさい。
う〜ん家族のつらさがにじみ出てたよねぇ〜。
思わず涙してみてしまったわたしでした。(T-T)/
Commented by cocoroske at 2007-06-27 01:05
★kokorohakokoniaruさま★
ふふふ。一緒に観ちゃいましたね。(感想もそれぞれで。)

>なんで、そこで笑う?とおもったらごめんなさい。
いぇいぇ、何で謝るコトがありましょぉか!?^^;
「ナニがツボだったんだろ?」ってのが気にはなるけどっ!
いいんですょ、笑って頂けるなんてありがたいこっちゃ!
波の激しい私ゆえ、堕ちる時はどどぉ~・・・んと、すごい暗くなっちゃって、
ドツボハマって心配かけたり不快にさせたりしちゃうんだし~×
笑ってもらえる時は(笑わせてるつもりは全く無いんだが!?)
どんどん笑っちゃって~♪ってカンジっすょ(^o^)/

けどさ、やっぱ 愛ってすげぇよね!?( ̄ー ̄?)
Commented by withoutyou-7409 at 2007-06-27 09:32
おはようございます。
「うつへの復讐」←これは連続ドラマでしょうか?
やっていたの知りませんでした。。。
cocoroskeさんの所へ来て、ドラマのお話がわかって良かったです。

確かに支える家族も大変ですが、やはり本人はもっとつらいんじゃないかなと(経験者は語る…じゃありませんが…)感じますね。
てんびんにかけたら、どちらのつらさの方が重いかはわかりませんけれど、支える家族と、うつを乗り越える本人と両方を同じぐらいに描写してもらえるともっといい内容になったのではないでしょうか。
雑誌『ヴォーグ』のインタビューで、瀬戸内寂聴さんが、「愛とは自分を犠牲にしても相手の為に何かをしてあげる事」とおっしゃっていました。
愛の力ってすごいですね。
Commented by happy-smile-frog at 2007-06-27 11:40
こんにちは。
私も見ました。
私もがっかりでした。
当の本人のことがぜんぜんですからね。
じぶんたちの体験してきたことなど
まるで取り上げられてなくて
がっかりでした。
高島家は地獄と思ったんだろうけど
甘いよ。
そう思うカエルでした。
カエル
Commented by rockin' at 2007-06-27 18:17 x
evening. cocoroske-sama.

>あのドラマでの主役は「支える家族」だった。
 私はそのドラマを見ていません。
 「患者であるご本人の心の叫びや苦しみが…”添え物”というか、”脇に
 追いやられている”」
 のは残念です。
 「本人」と「周り」のどちらに重心を置くのか?
 日本人のメンタリティに訴えるのは「周り」のほうなのでしょうか?

>あ、素直に思えたのは、やっぱり「伴侶っていいな…」という事。
>『やっぱ愛ってすげぇよ!!』って事ですね!!!(>_<)
 はい。
 そうです。
 愛はすごくて、 伴侶はいいもんです。
 
こころすけ様と出会えることが許された男性は幸せ者ですよ。
だから、早く出て来い。

おい、そこ!
モタモタするな!
Commented by cocoroske at 2007-06-28 00:36
★withoutyouさま★
ドラマは単発だったのですよ。だから全てを描き切るには無理があったのかもしれないのですが…それにしても…(m。_ _)_

>支える家族と、うつを乗り越える本人と両方を同じぐらいに描写してもらえるともっといい内容になったのではないでしょうか。
そぅ、そぅなんです!まさにそれなのです。。。
あまりにも偏っていて…あれでは(ドラマの中では、ですが)”本人が”置いてけぼり”です…。

究極の愛の形は『無償の愛』なんですよね。
見返りを求めない愛。
自分にそれが出来るかなぁ?と考えたりしますよー…。
というか、そんな相手と出会えるかなぁ?って★(T^T)
Commented by cocoroske at 2007-06-28 00:42
★カエルさま★
観ましたか*ほんとに残念な描き方で終わってしまいましたね。。。
あれでは知識や経験の無い方に無駄な恐怖心や嫌悪感、要らぬ偏見や誤解を植えつけてしまったんではないかと思えました。
あたかも特別な事のような間違った誤解を。。。
時代に逆行していますよね。
解っている方に作って欲しかったなぁ。。。
Commented by cocoroske at 2007-06-28 00:53
★rockin'さま★
>私はそのドラマを見ていません。
それはよかったです。
私は、観る前は「たくさんの人が観れば理解が深まる」と信じていたのですが…
淡い期待で終わりました×
自分が観終わった後は、「観てた人が少なければいいのに!」と思いました×
(身勝手ですが*)

>日本人のメンタリティに訴えるのは「周り」のほうなのでしょうか?
そうなのかもなー…けれど、「周り」のためにも!「本人」の置かれた真実を知る必要があると思うんだなーーー!!(-"-)
「心の風邪」だから、誰がなっても・いつなってもおかしくないという情報すら描かれてなかったような…。

>愛はすごくて、 伴侶はいいもんです。
そぅですよ。そぉなんですよっ!!
ね!?rockin'さんっっっ!!!!!!!( ▼∀▼)

>こころすけ様と出会えることが許された男性は幸せ者ですよ。
…( ̄Д ̄;) 何故~???
(結構大変だと思うぞ!?)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード