ふと思った「感謝」について。

今日のバイト帰り・運転しながらふと思ったのー。
「今日は何も無かったなぁ…良かったぁ…(´_`。)ありがたい~☆彡」
って。
じんわぁ~…と滲んだ・まさしく「感謝」の思いであった。




この、”何も無かった”って~のは、
”現象として”何か(の出来事が)起こらなかったというより、
心が・気持ちが波立つ事が無かった、という事。

悔しい思い、悲しい思い、苛立つ思い、歯痒い思い、
そんな思いたちが発生せずに済んだなぁ、という事。
カチンとせずに済んだ。
イラッ!とせずに済んだ。
ムカッ!!とくる事も起きなかった。
わなわな震えがくる事も無かったょ。

帰路を運転しながら、無意識にそんな事を確認していた。

『良いコトが何にも無かったからザンネン!!』
って思っちゃう時も(そりゃ~・どうしても*)あるんだけど、
今日はすんごく・すんごく・ものすんご~く!
『あぁ、心が波立たない日であってくれた・ありがたいねぇ~☆(T_T)』
という思いを噛み締めながらハンドルを握ってきた。
   ↑
何だか誤解が発生しそうなので更に説明しとくか。。。
決して(誤解されそうな)”キレイな気持ちでそう思った”なんてこっちゃ無い。
えぇ、決して。(言い切るよっ。)

それ程に・今の店に復帰してからは、
イラついたりムカついたり、悔しい思いや悲しい思いをしたり、
とにかく・体力的にはもちろん・精神的にもひょろひょろだったのだ★
だからこそ異常に疲れてしまっているのだろうけれど…。
(あ・過去形にしちゃったけど、何気に現在進行形だから***)

だから、「今日は(心に)嵐が吹かず・凪いでたよ~*(>_<。)」
ってなカンドーが沸き起こったってワケですな。
行くまでは「嫌だぁぁぁぁ!!行きたくない~~~!!」
って思いを引きずってムリヤリ行ったんだもん。。。
尚更に”何事も無かった”事にほっとしたっつー訳なのでした。

そっ。
何かがあった(起きた)から感謝、じゃねーの。
何にも無かったから感謝!なのよっ!!

…なんか・すっげ卑屈???(o ̄∇ ̄o)

何でこうも”対峙する人間”によって
自分の心・気持ちが揺れ動いたりしてしまうんでしょうね。。。
もっと・ででーーーん!と自分の心に不動の境地を築きたいょ☆
(嗚呼・果てしなさ過ぎる願望***)

とにかくっ!!
今日は心が泣く事がありませんでした。
荒れませんでした。
波立ちませんでした。
穏やかに仕事をこなせてこられました。

そんなささやかな事にものすんごく感謝したい日でありました。


あ~*
明日も波立たないでっ・MyHeart~!(>_<)
(いゃ…あくまでもオマエ次第だってばっ★)


そりでゎ今夜はこれにて~…


        来て下さってありがとぅございました(o^ ^o) /
         最後までお付き合い下さって感謝です~♡


         お(^o^) や(^O^) す(^。^) みぃ(^-^)ノ゛
[PR]

by cocoroske | 2008-04-13 23:31 | 雑記